平成24年度活動報告

台東支部研修会

 平成25年3月23日(土)、台東支部3月度研修会が、台東区民館第5会議室において開催されました。
 今回の研修会は、「相談技法、クライアントから受注を受けるための技術」をテーマに開催したもので、当支部副支部長である伊藤先生が講師を担当されました。
 研修内容は、通常の座学形式だけではなく、参加者をグループ分けして互いに相談者や回答者の役に扮したり、様々な演習を行ったりするなど、参加者曰く「眠くなっている暇がない」ほどの、活発なものとなりました。
 続いて、講師からは相談を受けるときの技術につき、詳細な講義が行われました。参加者氏は、最初に自ら演習に参加していたため、講義を聴いても単なる知識を得るだけではなく、講義内容を実感できるものとなりました。
 研修会終了後は、講師を囲んでの懇親会が開催され、11名が参加しました。懇親会の席では、参加者同士の活発な交流も行われ、盛会のうちに終了しました。

三支部合同研修会(2月)

 2月23日(土)に、文京・台東・北支部2月度合同研修会が、台東区民館第5会議室において開催されました。
 今回の研修会は、「初心者のための相続業務」をテーマに開催したもので、当支部会員である渡邊・金田・増村各先生が講師を担当されました。
 各講師の先生は、それぞれ「相続相談と相続人調査」、「相続財産の調査と遺産分割協議書の書き方」、「公正証書遺言の手続きと遺言執行」について講義をされました。
講義の内容については、いずれの先生も単なる教科書的な説明で終わるのではなく、相続業務を行う際の注意点、業際問題にも言及されるなど、それぞれの講師の実務を通じて得られた、貴重な経験をお話しして頂きました。
 研修参加者は56名に及び、講義後の質疑応答時間の際には、何人もの参加者が講師に対して活発に質疑を行ったため時間が足りなくなる場面もありました。3時間の研修は、熱気に満ちたものとなりました。
 研修会終了後は、会場を移動しての懇親会も開催され、25名が参加しました。懇親会の席では、参加者同士の活発な交流も行われ、盛会のうちに終了しました。

台東・文京・荒川支部合同セミナー

 平成25年2月4日(月)に、台東・文京・荒川支部との合同セミナーが、上野ANNEXホール2階において開催されました。
 今回のセミナーは、株式会社日本政策金融公庫の上野支店営業課長である高橋亨様から「創業支援を中心に、融資申請の考え方」をテーマにして、融資 申請を審査、指導する立場からの具体的な審査の進め方や、審査におけるチェックポイント、必要な添付書類等について、実例を交えて解説して頂きました。
 当支部からは13名が、合計では36名が参加しました。講義は2時間以上に及びましたが、参加者は熱心に講義に聴き入っていました。
 講義後の質疑応答においても、参加者からは活発に質問が寄せられました。
 セミナー終了後は、会場を移動しての懇親会も開催されました。懇親会の席で
は、参加者同士の活発な交流も行われ、盛会のうちに終了しました。

台東・荒川支部合同研修会

 平成25年1月19日(土)に、台東・荒川支部合同研修会が、台東区民館第4会議室において開催されました。
 今回の研修会は、「初心者のための離婚業務」をテーマに開催したもので、当支部副支部長である樋口先生が、講師を担当しました。
 講義の内容は、単に離婚に関する法的知識の説明には終わらず、離婚業務を受ける際の基本姿勢や業際問題等、離婚業務を行うにあたっての心構えをも説明して頂き、3時間近くに及ぶ講義の終了時には、会場内は参加者からの大きな拍手に包まれていました。
 研修会終了後は、会場を移動しての懇親会も開催され、懇親会の席では、参加者同士の活発な交流も行われ、盛会のうちに終了しました。

台東支部忘年会

 平成24年12月7日(金)、恒例の支部忘年会が、「上野の杜・韻松亭」で開催された。
開会直前の震度4の大揺れにもかかわらず、本年の支部活動の盛況を物語る如く、多くの来賓、新旧の会員併せて50名を超える出席を得て、暮れ六の鐘と共に宴が開かれた。
 呑むほどに呑むほどに座は和み、ソフトボール、士業よろず相談、新人紹介エトセトラと、杯と共に話が行き交う瞬く間の2時間であった。
これぞまさしく台東支部忘年会。各々、来年の飛躍を約して盛会のうちに散会した。

東京都行政書士会ソフトボール大会

 平成24年12月1日(土)東京都行政書士会主催の各支部対抗のソフトボール大会が開催されました。我が台東支部でも近隣の荒川支部、文京支部と組んで、約3年ほど前から「チームATB48」というソフトボールチームを結成しております。
 チーム名は荒川・台東・文京の各々の頭文字をとってATB というネーミングです。
ATB48 は2年ほど前、初のソフトボール大会に参加をいたしましたが、そのときは残念ながら最下位に終わり、昨年のソフトボール大会は1戦目2戦目と連敗し敗者復活戦で勝利をおさめ、かろうじて6位の座にとどまりました。  
 このとき、はじめて勝つことの喜びを実感し「来年こそは絶対に優勝とはいかないかもしれないが是非とも2位か3位には入りたい!」とチーム全員で意気投合したのでありました。
そして今回、これまでの雪辱の連敗を脱することができるか、日ごろの練習の成果はいかに。われわれは期待と不安を胸に神宮外苑軟式野球場のマウンドにあがりました。
 午前中は若干の晴れ間がさしながらも雲が多く肌寒い幕開けで、あたりは晩秋らしく外苑のイチョウの紅葉も葉落ちし枯葉が週遊道の一面を埋め尽くしていました。
 今大会の1戦目は日の丸球場で行われ、初戦は強豪渋谷支部(渋谷タイガ
ース)をなんと8対6でやぶり2回戦進出へ。2戦目(ヒマラヤ球場)では
千代田支部をやぶったノースブリッジ(北支部と板橋支部)と対戦し4対1と大きく引き離して準決勝へ進出。この2戦目の直前に突如大雨に見舞われ一時試合開始が延期されました。
 そして迎えた3戦目(日の丸球場)では強豪新宿支部(新宿ファイターズ)に10対5の大差をつけられ完敗。内野手の守備の完成度と打線の力不足を再認識させられました。
決勝進出は新宿支部と品川支部で戦い、見事品川支部が今年の連覇を達成しましたが、われわれはすぐさま3位決定戦に挑み、江戸川支部(江戸川バッカス)と対戦し7対5で勝利をおさめ、みごと3位への入賞を果たしました。
 台東支部では、福本先生、伊藤先生、樋口先生、渡辺淳子先生、内田先生、御代川先生が参加されました。なかでももっとも活躍したのが福本先生で、4戦連続ファーストを守り続け見事なファインプレーを見せてくれました。
渡辺淳子先生も初参加にして4戦連続でメンバー入りし、最後は大きな外野フライをガッチリキャッチし、チームの加点にも大きく貢献しました。
また、来年にむけ日々の練習と基礎トレーニングを積み、さらにグレードアップして悲願の優勝を果たしたいと思っております。
 また、来年3月からATBの練習が開始します。それまでは基礎トレーニングを各自行うこととなります。
 ちょっと、宣伝になりますが、まだソフトボールにご参加されたことがない会員で、ソフトボールに興味がある、もしくは参加はできないけど応援だけしたい、という会員の方は、ぜひ来年ご参加ください。
男性でも女性でも大歓迎ですし、練習を積めばまったくソフトボールの経験がなくとも大丈夫です。他支部の会員とも交流が深まり、同時に運動不足解消にも最適です。
来年は「打倒品川支部!」のスローガンで、みなさん一緒に汗を流してみませんか?
ぜひこの機会に多数の皆様のご参加をお待ち申し上げております。

商工会議所タイアップセミナー

 平成24年11月13日に、台東支部企画開発部と東京商工会議所台東支部との合同で東京商工会議所台東支部会員の事業者様に向けて、外国人の雇用に関連するセミナーを開催いたしました。具体的には入管手続きやそれに伴う問題点などを、当支部の須藤洋子先生に講義をしていただきました。
 台東支部企画開発部は、旧渉外部から新たに再編成された部署で、他の団体とコラボを組むなどして行政書士における対外的な活動を主たるものとして位置づけております。その一環として、今回は我が行政書士会台東支部と東京商工会議所台東支部とが、協力してセミナーを開催することとなったのです。
 従来から研修部の行う研修会は主に行政書士のための研修であるのに対し、企画開発部の行うセミナーは、主に事業者様や他士業の方などをターゲットに行うセミナーであります。これにより、行政書士業務を広く地域に根差した形で紹介し、区民と行政書士との接点をより多く持たせることで、区民の利便性を更に向上させることが狙いです。
さて、セミナーの内容ですが、まずは本年7月9日に行われた入管法の大改正に関する話題です。改正前と改正後の取扱いは本職であっても戸惑うものが多々ありますが、ベテランの須藤先生にかかれば子供でも分かるほど簡単に理解が進みます。
 それから基本的な在留資格の種類や手続きの流れをマラソンに例えて分かりやすく説明がなされました。ここだけは押さえなければならない、事業者が外国人を雇用する場合の注意点についてもところどころコラムをまじえながら大変分かりやすくご解説していただきました。
 話は変わって今回のセミナー集客方法については、商工会議所の伊東海さんのご協力により、約60名程度の規模の会員が集まりました。集客には事前の準備と魅力的なキャッチコピーが必要と力説する伊東さんは、自他共に認める集客のプロフェッショナル。彼の貪欲なまでの集客に対する意欲とアイディアは是非私たち行政書士も見習うべきものがあると思います。
 また、来年度も企画開発部ではさまざまな趣向とアイディアで支部会員のみならず、区民の方や区の中小企業者たちを応援していきたいと思っております。

第1回下町よろず相談会

 平成24年11月10日(土)京成上野駅地下広場にて「台東区災害ネットワーク専門職会議」に参加しているプロジェクトチームが合同相談会を、「下町よろず相談会」と名付け開催しました。
このプロジェクトで苦労したのは、全く予算がないことです。
特に相談会会場探しは難物でした。最終的には京成電鉄のご理解を得、約150㎡のスペースを無料貸与していただくことができ、胸をなで下ろしました。
 広報・広告については、予算もないことからパブリティを中心に、チラシ(A4・ポスター兼用)を作成、町内会掲示板に掲出してもらうことにしました。
この間、台東区、商工会議所台東支部、(株)日本政策金融公庫上野支店の後援を取り付け、店舗へのポスター掲示、登録メンバーへのFax送信などのご協力を得ました。
 これらに必要な費用は、実費を8団体で頭割り負担ということで処理しました。
相談会当日、相談員は8団体合計28名で、区役所への予約相談者を含め35人の相談者に対し37件の相談を行いました。
相談会プロジェクトの狙いは、いざ災害というときに、果たして異業種専門家と連動ができるのか否かの確認、それを可能にするノウハウの蓄積というものでしたが、参加相談員のほとんどが会議・懇親会で親しくなっていたメンバーでもあり、スムースに同席相談が進みました。弁護士、司法書士、行政書士が同席で相続問題の相談に対応、話が税金に及ぶと税理士に交代するという、何とも贅沢な相談会ではありました。
「下町よろず相談会」は次年度以降も実施するとの合意が成立しており、年二回の開催を目指して準備に入っています。

台東区災害ネットワーク専門職会議の業務委託契約調印式

 平成24年11月8日(木)、台東区役所1101会議室にて台東区と台東区災害ネットワーク専門職会議の業務委託契約調印式が行われました。ケーブルTVはじめ、各新聞社を前にしての記者発表形式調印式でした。11/9の朝刊でも紹介記事が掲載されています。

三支部合同研修会

 平成24年11月2日(金)、台東・文京・北三支部の合同研修会が文京区役所(シビックセンター)5階C会議室において開催されました。
この合同研修会は、三支部会員の親睦を深め、切磋琢磨できる関係を醸成することを目的として、毎年開催されてきました。
 今回の研修会は、「稼ぐ行政書士」をテーマに開催したもので、第一部では、当支部副支部長である伊藤先生から「行政書士業務でいかに稼ぐか」と題する基調講演を行って頂きました。
 続く第二部では、「稼ぐ行政書士の条件」と題するシンポジウムを行い、伊藤先生のコーディネートの下、当支部からは金田、樋口両先生、北支部からは前田先生、文京支部からは長尾先生がそれぞれパネリストとして参加頂き、「事業」としてみた場合の、行政書士業務のあり方について、活発な討論を行って頂きました。
 今回の研修会は、当支部からの参加者も20名を上回るなど、今までにないほどの盛会でした。
 研修会終了後は、会場を移動しての懇親会も開催されました。懇親会では、各支部会員の自己紹介が行われるなど、会員同士の活発な交流も行われ、盛会のうちに終了しました。

広報月間無料相談会

 平成24年10月19日(金)、10時半より16時半までの6時間の間、上野御徒町駅コンコースにて広報月間無料相談会が開催されました。
 この場所で開催が出来るようにご協力を頂いた皆様のお陰で、今年も引続きこの会場を使用させて頂きました。当日、この時期にしては例年より外は寒く低い気温でありましたが、屋内での開催なので雨や強風などの心配もせずに相談会に集中でき、相談者の皆様もじっくり腰を据えて相談される方を多く見かけました。
 相談会は午前と午後を合わせて15名の会員がスタンバイして、30数名の相談があり、多かったのは相続・遺言や近隣問題に関することでした。その他にも離婚・内容証明などが有りました。
 来月には台東区の7士業による「下町よろず相談会」もあり、士業の一つとして行政書士の活動の場が広がり、区民の皆様の役に立てるような活動が出来ればと思います。

9月13日納涼ビアガーデンパーティーの開催

 平成24年9月13日(木)、上野公園内精養軒 屋上ビアガーデンにおいて、納涼ビアガーデンパーティーが開催されました。参加者総数は、24名と盛況でした。
 当日は9月中旬なのに東京は猛暑日でしたが、パーティーの始まる夕刻には、上野の森からの涼風が吹いて来て、もってこいの天気と気温になりました。
不忍の夜景を見ながらパーティーが始まり、西岡支部長の挨拶を皮切りに、古川先生による乾杯が行なわれ、歴代支部長の挨拶、新入会員の紹介へと進みました。
 ガーデンパーティーだったせいか、会員はそれぞれ開放的な雰囲気で飲食し、平素からの仕事談議に花が咲き、会員相互の親睦を深めることができ、有意義な一時となりました。
 次回開催時には、会員の皆様の更なるご参加を期待しています。

7月28日新人懇親会

平成24年7月28日(土)毎年恒例となっている東京都行政書士会台東支部新入会員懇親会がJR鴬谷駅前のホテルシャーウッド8階で開催されました。今年度は懇親会に先立ち「倫理研修」がありました。倫理研修では最初に、林田敏行研修部長から、入管業務で遭遇した事件に関する報告があり、研修講師である伊藤浩副支部長から、行政書士業務を行うにあたり経験の浅い新入会員が陥りやすい罠や業務に関する注意点などについて、豊富な実務経験に基づいた実践的なお話を短時間で集中的にいただきました。
 研修終了後には、東京の新名所、東京スカイツリーの夜景を正面に眺めながらブュッフェパーティ形式で懇親会が開催されました。懇親会では西岡攻支部長のご挨拶を皮切りに、和田副支部長に乾杯のご発声をいただいて乾杯、その後は、台東支部役員と組織の紹介がおこなわれました。
 当日は隅田川花火大会をはじめ、各自治会などの夏まつりイベントの集中日に当たってしまい、その影響を受けて、参加いただいた新入会員は計5名と少数でしたが、1人ずつ前に出ていただき、ご挨拶をいただきました。
 美味しい酒と料理を囲んでオリンピック中継のハイビジョンをバックにしばし語らいの時間を過ごし、最終は渡邊淳子政連支部長の一本締めで閉会となりました。
 連日の猛暑の中お集まりいただいた先生方、ありがとうございました。

7月25日台東支部研修会

7月25日(水)に台東区民館第5会議室において、当支部研修会が開催されました。
今回の研修会は、武鷹支部の田中勉先生を講師としてお招きし、「これからの行政書士業務のあり方を考える」をテーマに講義を行って頂きました。
講義においては、最初に多国間協議等に関する説明があり、続いて二極化していく現代社会の中で、我々行政書士はどのように立ち向かっていけばよいのかについて、細やかな説明がありました。
最後に、行政書士業務の確立や業務内容の拡大等に向けた説明をして頂き、研修会は盛会のうちに終了しました。
研修会終了後は、浅草駅近くの居酒屋で懇親会が行われ、ここでも参加した先生方からは、業務に関する様々な話がなされました。

6月30日3支部合同研修

平成24年6月30日(土)、台東・文京・北三支部の合同研修会が、北区所在の「王子サンスクエア」において、開催されました。
この研修会は、三支部会員の親睦を深め、切磋琢磨できる関係を醸成することを目的として、毎年開催されているものです。
今回の研修会では、業務を行っていく上で避けて通れなくなってきている「業際問題」について、他の士業資格を有する会員から「他士業からみた行政書士業務」と題する講義を行って頂きました。当支部からは、司法書士としても御活躍されている寺田先生が講義を担当して頂きました。
続いて、参加者を8グルーブに分けてのグループ討論会が行われ、「自らの業務を確立するために」とのテーマで、各グルーブにおいて、活発な討論が行われました。
研修会終了後は、研修会場を利用した懇親会が開催されました。各支部会員同士の名刺交換会などのイベントが行われる中、参加した会員は、業務に関して普段はなかなか話せないことや、聞けないことなどを話し合い、懇親会は、盛会のうちに終了しました。

台東区災害ネットワーク専門職会議 第1回定例会開催

平成24年6月25日 台東区役所1003号会議室で、台東区内の士業のメンバーで構成する、「台東区災害ネットワーク専門職会議」の第1回定例会が開催された。これまで準備段階として約2年に亘り打合せを繰り返し、今般無事に定例会の開催に至ったのである。
メンバーは台東区内に事務所・住所を構える弁護士(法曹会)を筆頭に、行政書士台東支部、司法書士台東支部、社労士台東支部、土地家屋調査士台東支部、建築士事務所台東支部、税理士浅草支部と上野支部である。また、台東区からは暮らし相談課の課長と係長が出席した。
「台東区災害ネットワーク専門職会議」とは、台東区内の士業が専門的立場から意見を提供して区民生活に寄与するもので、とくに災害非常時における多様な被害や問題点につき、地域専門職チームが協力して対応すべきという認識のもと、区内の各専門士業が連携するとともに、台東区とも連携してネットワークを形成し、区民にとって有益かつ多面的なサービスを提供することができればと考え結成されたチームである。
 今回、行政書士台東支部は、西岡支部長、和田、樋口副支部長の3名がこのプロジェクトに参加し、議事進行役も当支部が引受けた。
 第1回定例会では、「台東区災害ネットワーク専門職会議」の会則の承認をしたうえで、内部組織の構成を決めた。さらに、今後の活動として、区内における士業共同街頭無料相談会や、オリジナルホームページの開設を検討。また新人等を中心とした希望者に対し各士業事務所訪問や共同研修を行う等の案が出された。
 なお、士業による共同街頭無料相談会は、今後より具体的な内容を煮詰めていく予定である。

東京都行政書士会台東支部平成24年度定時総会

東京行政書士政治連盟台東支部第29回定時大会

平成24年4月21日(土)、「東京都行政書士会台東支部平成24年度定時総会」が台東区民館において開催された。
 定時総会は、第1号議案~第6号議案までの各議案が可決承認され、新支部長候補として西岡攻が立候補し、満場一致で選任を受け新支部長に就任した。
 その後「東京行政書士政治連盟台東支部第29回定時大会」が行われ、第1号議案~第6号議案までの各議案が可決承認され、新支部長候補として渡邊淳子が立候補し、満場一致で選任を受け新支部長に就任した。

引き続いての懇親会は、上野精養軒台東店で行われた。来賓の方々からの祝辞を頂戴し、会員同士の親睦も深めることができ、有意義な一日となった。